WellnessBaton2 Vol.1 羽ばたきポーズで後ろ姿美人

WellnessBaton2 Vol.1 羽ばたきポーズで後ろ姿美人

『白鳥の湖』の動きで背中スッキリ

4歳からバレエを始め、宝塚退団後はクラシックバレエ、アロマヨガ、マタニティヨガなどを指導するダンススタジオを主宰しているHANAKOさん。なかでもクラシックバレエは「全身を均等に動かすので、頭からつま先までバランスのいい筋肉がつきます。また、汗をかくので新陳代謝が活発になって老廃物も出るし、免疫力も上がって風邪を引きにくくなるんですよ」。一番肉がつきやすくて取れにくい背中にもバレエの動きが効くそう。ボディメイキング効果の高いバレエエクササイズで、しなやかで女性らしい後ろ姿を目指しましょう。

ダンススタジオの生徒さんの中でも、ブラジャーの着用で気になるお肉の段差や、薄着の後ろ姿など背中の悩みは多いそう。「でも、体のパーツごとに意識を向けながら、バレエのレッスンを続けると、彫像のような美しいボディをメイキングできるようになります。背中で重要なのは肩甲骨。まず肩甲骨を“開く”“閉じる”という動きをイメージしましょう。また、手を上下に動かすとリンパの流れがよくなって、肩こりの解消にもなりますよ」。バレエの動きは立ったままで、いつでもどこでもできるので、ぜひ毎日の生活に取り入れてみて。

STEP1

腹筋と背筋を意識して立つ

足をハの字に開いてまっすぐ立ち、腹筋と背筋を意識して片方の足を後ろに引いて固定します。このとき体の軸がおへそになるように。

★POINTお腹と背中、特におへそに意識を集中して、肩の力を抜きます。お腹と背中、両方意識できない人は、おへそを意識して立ちます。

STEP2

白鳥が羽ばたくように手を動かす

STEP1の状態をキープしたまま、白鳥が羽ばたくように手を上げます。両手を上下に、上げたり下ろしたりします。

★POINT手を下げるときは、ワキの下に卵1個が入るところで止めます。手を上下するときに肩の位置は動かさず、下ろした状態で行います。

連載記事のバックナンバー

新着記事

記事ランキング

おすすめ記事