WellnessBaton2 Vol.2 ルルベアップでむくみ知らず

WellnessBaton2 Vol.2 ルルベアップでむくみ知らず

ルルベアップでむくみ知らず

冬も終わりに近づこうとしていますが、冷え症の方には、まだまだつらい毎日ですね。寒さからくる冷えやブーツを履くことで起こるむくみは、マッサージなどではなかなか解消できない悩みのひとつ。バレエで行うかかとを上げる動き(ルルベ)は、足の筋力を上げて血流をよくするので、下半身の冷えやむくみをやわらげてくれます。また足の指をしっかり開いて立つことで、体の重心が前にかかり指先まで血液が流れ、外反母趾の予防にも効果が。今からルルベアップで足を鍛えれば、春にはほっそりしまったレッグラインの完成です。

足のむくみは、つま先から心臓に血液を送るポンプの役目を果たしているふくらはぎの筋肉の働きが弱いのが原因。今回は、立ったままの姿勢でかかとを上下させることで、ふくらはぎの筋肉を強化して血流を改善します。血行がよくなってむくみが解消されると同時に、足首も強化されてキュッと締まります。このとき足の指をしっかり開いて立つので、足裏全体が鍛えられ、指先まで血液が行き渡り、冷えや外反母趾の予防効果も。かかとを上下させるだけなので、歯磨きや皿洗いなど生活のあらゆるシーンに取り入れて、健康美脚になりましょう。

STEP1

まっすぐ立ってかかとを上げる

膝をつけ、つま先を揃えて、まっすぐに立ちます。その状態のまま、かかとを上下させます。体が反ったり、倒れたりしないように。

★POINT腹筋と背筋を意識します。ふくらはぎの筋肉で立とうとしないで、天井から1本の糸で吊るされて、まっすぐ引き上げられる感じ。

STEP2

足の指をきちんと開く

足の裏を伸ばし、足の甲と指先を前に出すようなイメージで立ちます。指と指の間がしっかり開くように。つま先は丸めないで。

★POINT足の親指から小指まで指先がきちんと地面につくように立つと、血流がよくなります。指の間が閉じていたり、指先が浮くのはNG。

連載記事のバックナンバー

新着記事

記事ランキング

おすすめ記事