WellnessBaton2 Vol.4 内ももを鍛えて美脚&艶肌に

WellnessBaton2 Vol.4 内ももを鍛えて美脚&艶肌に

プリエで実現!オトナの美脚

足の悩みで多いのが、パンと前に張り出してしまう太もも。ダイエットをして体重が減っても、ウエストやヒップがサイズダウンしても、頑固なまでに細くならないパーツのひとつです。バレエではドゥミプリエとグランプリエという、股関節と膝を曲げる動きで下半身の筋肉を鍛えます。膝を曲げてゆっくりと体を下ろして、ゆっくりと上に上げる動きは、太ももの内側の筋肉を使うので、筋肉がバランスよくつき、脚全体が引き締まります。また内ももの筋肉を使うことで、リンパ節を刺激し、ホルモンバランスが整うため、肌の調子も上向きに!

プリエとは膝を曲げる動きのこと。ドゥミプリエはかかとを床につけたまま、アキレス腱を伸ばして膝を曲げるのに対して、グランプリエはさらに腰を落として膝を曲げるので、かかとは上がった状態に。プリエでは普段使わない内ももの筋肉を使うので、足が引き締まります。バレエをやっている人の足が細いのは、この内ももが引き締まっているから。足を開いて膝を曲げる動きは、背筋やお尻の筋肉など体の後ろ側の筋肉も鍛えられるので、全身をバランスよくスタイルアップしてくれます。寒いときはお風呂上がりやストレッチで体を温めてから行いましょう。

STEP1

足をハの字に開く

基本姿勢で立ち、足を開きます。かかとはつけても離しても構いませんが、つま先はできる限り180度に近くなるように開きます。

★POINTお尻が出ないようにお腹に力を入れます。足のハの字のバランスが崩れると、お尻が出てしまうので注意しましょう。

STEP2

足をゆっくり上下させる

膝が外に向いた状態で足を上下させます。上げるときは内ももから引き上げて。このとき、お尻にくっと力を入れるようにします。

★POINT上に上げるとき、内ももに意識を集中して引き上げるようにすると、足を引き締める効果があります。

連載記事のバックナンバー

新着記事

記事ランキング

おすすめ記事