WellnessBaton3 Vol.2 インナーマッスルを鍛えてウエストをシェイプ

WellnessBaton3 Vol.2 インナーマッスルを鍛えてウエストをシェイプ

コアと呼吸法

女性にとって何とかしたい!気になるパーツといえばウエスト周り。バランスのとれた食事療法によるダイエットなども効果的ではあるけれど、極端な食事制限をすると脂肪と同時に体を支える大事な筋肉も減り、体力がダウンしてしまいます。
間違ったダイエットをする前に、ウエスト周りのインナーマッスルを鍛えて基礎代謝を上げながら、ウエスト周りを引き締めましょう。

コアとは腰、背中、内臓を支えて保護する部分、いわゆる胴体で骨盤周辺の筋肉と肋骨との間の脊柱に沿って走る筋肉で構成されています。コアの部分は背骨以外に骨がなく、流動的でとても不安定な状態。背骨を支える筋肉が衰えてしまうと、体の不調や歪みなどを引き起こします。
このコアを鍛えながら、胸式呼吸を活用することで、コア周辺のインナーマッスルも同時に鍛えて、キュッと締まってくびれたウエストラインをメイクしましょう。

STEP1

コアの意識①

正しい姿勢のためにはコアトレーニングが必要です。まずはコアを意識して床に背中が平らにつくかを確認。仰向けになり膝を立てます。

★POINT仰向けだと体が重力から解放されるので、背中が平らについているか確認しやすいです。床との間に隙間ができないよう、コアを意識して背骨をつけてみましょう。

STEP2

腹筋を使って起き上がる

STEP1の姿勢でボールを膝に挟み、両手は上に上げます。息を吐きながら腹筋を使い、両手と頭を立てた膝までゆっくりと起こします。

★POINT起き上がるときは反動をつけず、背骨を丸めたCラインを意識します。背骨を1本1本動かすようなイメージで行いましょう。

連載記事のバックナンバー

新着記事

記事ランキング

おすすめ記事