WellnessBaton4 Vol.1  上半身をほぐして“笑声”の準備

WellnessBaton4 Vol.1 上半身をほぐして“笑声”の準備

首肩緩めて疲れとコリをリセット

宝塚の舞台に立っていたころ、お客様が自分の歌や芝居に勇気づけられたり、喜ばれたりしたことがボイストレーナーを目指すきっかけになったという原みつ子さん。声を出す準備としてのウォーミングアップやストレッチの必要性を感じ、響きの良い明るい声“笑声”を出すために考えたのが“呼吸エクササイズ”です。
たかが呼吸されど呼吸。呼吸に欠かせない上半身の筋肉を柔らかくほぐすことで呼吸が深くなり、体が疲れにくく、肩コリも解消。上半身の筋肉が鍛えられると喉のストレッチにもなり、第一印象upの明るい声“笑声”が出るように!

“呼吸エクササイズ”と聞くと、「息を吸って吐くだけで、一体どんな効果があるの?」と疑問がわくかも知れません。でも、呼吸という当たり前すぎて普段意識もしていない行為には、体のいろいろな筋肉を使っています。肺は自ら動けないので、肺の周囲にある横隔膜や肋間筋、腹筋とよばれる腹直筋など10種類以上の筋肉の働きで呼吸は行われているのです。
24時間365日欠かさず行われている呼吸を正しく行うことで、体の内側から元気に。まずは、呼吸を支えている上半身の筋肉を柔らかくほぐして、空気の入りやすい状態に整えましょう。

STEP1

首のストレッチ

手を胸の前でクロスさせ、首を前→右→後ろ→左の順に滑らかに1周回します。首にある胸鎖乳突筋を緩めると、肩こり防止に。

★POINT耳の後ろから鎖骨のくぼみ辺りにかけて斜めに走る胸鎖乳突筋を意識しながら、腰から上を大きく回すのがポイント。

STEP2

首の回し方に注意!

首だけを意識すると、カクンと折れたような動きに。上半身を大きく使いながら、首にも意識を集中して、腰から大きく動かします。

★POINT首を回したとき、上半身がイタ気持ちよく、効いている感覚があれば、首がしっかり伸びている証拠。左右両方向に回しましょう。

連載記事のバックナンバー

新着記事

記事ランキング

おすすめ記事