WellnessBaton4 Vol.2  深呼吸の基本、腹式呼吸をマスター

WellnessBaton4 Vol.2 深呼吸の基本、腹式呼吸をマスター

カンタン呼吸でインナーケア

一般的に呼吸は「胸式呼吸」と「腹式呼吸」に分かれ、私たちが行っている呼吸は「胸式呼吸」がほとんどです。腹式呼吸は横隔膜という胃の上にある胸とお腹を区切るドーム状の筋肉が、息を吸うとドームの屋根が下がり、息を吐くとドームの屋根が上がるという動きを繰り返して呼吸をしています。
腹式呼吸を行うと、お腹の中の圧力が高まって胃腸の働きが活発になり、血行も改善されます。女性の悩み、便秘や冷え症にも効果的なのです。
「大きく吸って、ゆっくり吐く」腹式呼吸をマスターして、ストレスいっぱいの心と体を解きほぐしましょう。

心の状態と呼吸は深くリンクしています。ストレスや怒りなどで気持ちが高ぶると、呼吸は浅く速くなり、ゆったりとした気持ちのときは、呼吸もゆったりと規則的になります。逆にいえば、落ち着きたいときやリラックスしたいときに、腹式呼吸にスイッチするだけで感情をコントロールできます。「緊張したら、深呼吸する」のと同じです。
今回は、簡単にできる腹式呼吸をレクチャー。呼吸を正しくするだけで、体がスッキリ&スムーズに。シンプルだけれど続けると変化が実感できるエクササイズで、インナービューティボディへ!

STEP1

基本の呼吸法

鼻から息を大きく吸い、お腹に空気を入れます。吸った息を口からゆっくりと吐きだします。これを3回×5セット行います。

★POINT肩や顎を上げず、上半身を反らせないこと。腹筋を内側から鍛えられます。

STEP2

おへそに意識を集中して

お腹に空気が入っていくイメージで息を吸います。息を吸うことでお腹が出るように。

★POINT両手をおへその下に当てながらすると、おへそに意識を集中しやすくなります。

連載記事のバックナンバー

新着記事

記事ランキング

おすすめ記事