あなたの体内年齢はいくつ!?自宅でできる簡単エイジングチェック

あなたの体内年齢はいくつ!?
自宅でできる
簡単エイジングチェック

あなたのアンチエイジング方法は何?多くの人は化粧品や健康食品を取り入れていると思いますが、実は、アンチエイジング=老化予防に効果的な方法は、人によってだいぶ違うのです。つまり、本当にアンチエイジングの効果をあげたかったら、最初にすべきことは、自分の老化状況を把握すること。

モンナージュというサイトに、日本抗酸化医学会理事・米井嘉一先生監修のセルフエイジングチェックがあります。下のバナーをクリックして、早速、あなたの体内年齢を調べてください!結果がわかったら、下記の解説をどうぞ。

外資系化粧品会社数社にてカリスマプレスとして活躍。そこで得た豊富な知識と経験を活かし、現在は、美容情報の発信や新製品企画などを行う美容プロデューサーとして幅広く活動中。2006年に医師などの協力を得てアンチエイジング情報サイト[モンナージュ] をスタート。自ら編集長をつとめ、予防医学の観点から生まれたアンチエイジングの考え方を広めている。

[モンナージュ] でアンチエイジング情報をGET!

 

Let's Check!
体内年齢を知って自分の弱点を見つけよう!

体内年齢は、「皮膚年齢」「骨年齢」「筋肉年齢」「心臓・血管年齢」「脳・神経年齢」の5項目で判定します。この5項目のバランスを見ることで、自分にあったアンチエイジングプランが作ることができるのです。まずは下のリンクをクリックして、質問に答えみてください。所要時間は5分~10分。生活習慣などが変わると判定が変わってきますので、できれば2~3ヶ月に1回、定期的に行うといいですよ。

あなたの体内年齢は何歳?
ドクターが開発したプログラム、WEBで今すぐ無料チェック

実年齢との差で判定!
セルフエイジングチェックの結果で老け度がわかる!!

セルフエイジングチェックの結果はいかがでしたか? チェックで出た「皮膚年齢」「骨年齢」「筋肉年齢」「心臓・血管年齢」「脳・神経年齢」を、実年齢からひいて、あなたの老化度をチェックしてみてください。青信号なら現状維持でOK。黄色信号~赤信号に当てはまった項目は、ページの最後にある若返りテクニックを参考にアンチエイジングに取り組んでみてください。詳しいアンチエイジング法については2~3週目でお伝えします。

※テストの結果は少し厳しく出るようになっています。結果が悪いからといって落ち込むのではなくあくまで参考としてお使いください

【~+2歳の人】
生活習慣を変えずに今のまま規則正しい生活を心がけよう。

現在の生活習慣や食生活で問題はないようです。このまま今まで通りの生活をしていけば、若々しい体を保つことができるでしょう。すべての項目が青信号になるように、心がけましょう。

【+3歳~+5歳の人】
日常生活に若干崩れが
食生活を中心に見直しをしよう

実年齢より若干体内が老化しているようです。最近偏った食事をしていませんか? 寝不足ではありませんか? 各項目の若返りテクニックを参考に、食生活の改善、生活習慣の改善を目指しましょう。

【+6歳~+9歳の人】
全体的に生活が崩れています。至急自分の生活を見直しましょう。

かなり生活が乱れているようです。すでに肌や髪の毛に老化サインが現れてきているはず。このままでは病気にかかる可能性も高くなります。生活習慣を見直し、常に若くなりたいという意識を持ちましょう。

【+10歳以上の人】
このままだと体が危ない!!至急生活改善をしましょう。

あなたは確実に老化を早める生活をしています。今すぐ生活全体を変えていかないと生活習慣病などの危険が出てきます。まずはバランスのよい食生活、規則正しい生活習慣、適度な運動を心がけましょう。

 

年齢・骨年齢・筋肉年齢・心臓血管年齢・脳神経年齢から
あなたの弱点をチェック!!
弱点見つけて集中若返り作戦

5項目のチェックで出た体内年齢を五角形のグラフに当てはめ、バランスを見てみましょう。五角形はその大きさよりもバランスが大切。理想はキレイな正5角形になること。いびつなところがあったらそこがあなたの弱点です。わずかに思われる弱点も、全身の健康状態を崩すきっかけになる可能性があります。できるだけ早いうちに弱点を克服するように心がけましょう。美しい正五角形が作れたら(項目による年齢差がなくなったら)、全体的な若返りを目指します。五角形は大きくなるほど若くなります。徐々に大きい五角形を作るようにがんばりましょう!
皮膚年齢

身体の最も外側を覆っている皮膚は、体内全体の衰えが現れる場所。つまり体全体の老化バロメーターになります。その皮膚の老化の原因は、ほとんどが紫外線による「光老化」と言われています。皮膚老化予防のためには、紫外線対策が必須と言えます。

皮膚年齢が高かった人の若返りテクニックは【こちら】

骨年齢

骨は老化するとスカスカになり、もろくなります(骨粗しょう症)。それに伴い骨をつなぐ関節にも支障が出てきます。通常、骨の老化が現れるのは70歳を過ぎてからですが、最近では若い人も骨粗しょう症になりやすいと言われています。若いうちから骨量を増やすことを心がけましょう。

骨年齢が高かった人の若返りテクニックは【こちら】

筋肉年齢

筋肉は、若い人でも使わないでいるとどんどん衰えてしまいます。筋肉が衰えると関節に負担がかかり、関節痛を引き起こしたり、代謝が悪くなり脂肪が蓄積されやすくなります。特に40歳を過ぎると、筋肉が減り、脂肪が増えやすくなるので適度のトレーニングを心がけましょう。

筋肉年齢が高かった人の若返りテクニックは【こちら】

心臓・血管年齢

30代からだんだん老化が進んでいる血管と心臓。特に心臓を動かす筋肉「心筋」は、生まれてから死ぬまで増殖をしないので、老化させないことが大切です。元気に働かせるためには、細胞の酸化を防ぐことが第一。食生活や運動などの生活習慣には特に気をつけましょう。

心臓・血管年齢が高かった人の若返りテクニックは【こちら】

脳・神経年齢

記憶力の低下やボケ進行など、脳・神経の老化はとてもやっかい。思考力や言語力などの機能を持つ大脳の細胞や、運動能力をつかさどる小脳の細胞は生まれてから日々死んでいくので、そのスピードを抑えること大切です。ストレス解消をし、脳に適度な刺激を与えましょう。

脳・神経年齢が高かった人の若返りテクニックは【こちら】

連載記事のバックナンバー

新着記事

記事ランキング

おすすめ記事