WellnessBaton1 Vol.3 骨盤矯正でボディラインをリメイク

WellnessBaton1 Vol.3 骨盤矯正でボディラインをリメイク

ゆるんだカラダは骨盤でシメる

Season1 “美ボディバランス”を作る基本姿勢&ストレッチ  Vol.03 骨盤矯正でボディラインをリメイク

ダイエットをして体重がダウンしてもお腹がポッコリ出たり、お尻はどーんと大きいまま。そんな悩みはありませんか? その大きな原因は骨盤の開きや歪み、傾き。「例えばS字姿勢の人は、骨盤が開いているから胃や腸などの内臓が下に落ちてきて胃下垂になったり、開いた骨盤を守ろうとして脂肪が蓄積して下腹がぽこって出てしまうんです」。骨盤はいくつかの骨がつながり合ってできているので、体の動きに合わせて上下左右にポジションが変わります。だから姿勢や歩き方、足を組むなど、普段の何気ないクセが骨盤の歪みや傾きを生んでしまうのです。

上半身と下半身を結ぶ骨盤は体の中心。中心が歪むと全身のバランスが崩れてしまいます。「締まった骨盤の上に背骨があって、その先に首がのっていれば、骨盤の歪みはなくなります。そうすると歪みが原因の胃下垂や肥満も予防できるんです」。毎日の生活で生じる骨盤のズレや歪み。穂高さんの骨盤矯正ストレッチは「1日の中でちょっとずつズレた状態を、その都度ちょっとずつ矯正していく」から、オフィスでも自宅でも少しの時間で簡単にできます。矯正には時間がかかるけど、やり過ぎは禁物。無理なく自分のペースで続けてみましょう。

STEP1

座ったままで足首エクササイズ

オフィスでのデスクワークや自宅で椅子に座ったときに、両足を前に出して浮かせたまま、足首を反らせます。

★POINT足首からつま先を八の字のようにして小指側を強く反らせます。小指側が反らしにくければ骨盤が開きやすくなっているサイン。

STEP2

骨盤を内側に締めるイメージで

足を軽く開いて椅子に座り、膝をくっつけます。足は床につけたまま、小指側だけを浮かすように反らせます。

★POINTかかとと親指の付け根は床につけたまま、足全体を外側にひねると、骨盤がしぼられて内側に入り、ギュッと締まります。

連載記事のバックナンバー

新着記事

記事ランキング

おすすめ記事